1. トップページ
  2. アウトレット家具について
  3. イベントについて
  4. メーカー紹介
  5. ショールームを見てみる
  6. インテリアコーディネート
【PR】 全国のセールイベント情報サイト SEILOO フランスベッドアウトレット即売会のお申込み情報はコチラ♪ その他多くのセール・イベント情報が満載です。

フランスベッドについて

フランスベッドとは?

フランスベッド ロゴ

言わずと知れた国内No1のベッドメーカー。
日本人で思いつく「ベッドのメーカー」を尋ねられた時、まず10人中8人はこのメーカーを答えるでしょう。
 
事業内容はベッド、家具類、装飾品の他近年では健康機器や介護・福祉用品の製造販売をはじめレンタルも行っています。
 
「老舗メーカーで信用はおけるけどお値段も高いのでは?」という先入観はいまでも払拭できないのは事実です。
 
しかし今では時代の流れか老舗一流メーカーもアウトレットなどを出しています。ショールームとは別の会場で年に数回、展示会も開催しており、そちらにてアウトレット品も販売しています。

 

フランスベッド ベッド作りの歴史

フランスベッドの創業は昭和21年。戦後のごたごたの中に創業しました。
同社で最初に販売されたベッドは「昼はソファ、夜はベッド」で知られる分割式ソファベッドです。
 
1951年に発表された公営住宅51-C型(1951年)の2DKには「寝食分離」と「就寝分離」という2つのコンセプトがありました。「寝食分離」とは食べる場所と寝る場所の区別、「就寝分離」は生活する場所と寝る場所を区別するという考え方でしたが、まだまだ庶民にはそれを実践する余裕がなかったのでしょう。日本の狭い住宅事情を考えて作られたソファベッドは大評判となりました。
創業者はそれからもヨーロッパやアメリカへ定期的に出かけ海外のベッド作りを猛勉強しました。

日本人に合うベッド作り

フランスベッドの創業者は欧米でベッド作りを学んでいく内にある重大なことに気づいたのです。
 
それは、日本人と欧米人では決定的に違うのが「体型」と「生活環境」。片や家の中でも土足でベッドにも土足のまま上がる人がいるほどです。それに比べ、日本はいまだに畳にちゃぶ台。寝具は布団で起きたら押し入れに畳みます。ベッドのように「起きたら寝具を整える」という考え方がまずありません。
 
それにベッドの硬さひとつでも、欧米人は柔らかいものを好むがそれが日本人にとっては柔らかすぎました。
日本人はもっと硬めのベッドを好むのです。
 
それは、日本人と欧米人の骨格の違いからきており、さらに畳の生活が長い日本人の生活環境からくる感覚的なものであるということが次第に理解出来てきました。
 
「欧米のベッドをそのまま真似て作ったのではいけない。日本人に合うベッドづくりが必要だ」フランスベッドの創業者、池田實はその時からさらなるベッド作りの研究に没頭し、日本のベッド産業のリーディング・カンパニーに君臨しつづけ、今に至っています。

【P R】カリモク家具、フランスベッド、ASLEEPのイベント情報は全国のセールイベント情報Seilooより招待状をご請求ください。